女性起業応援マガジン『女性の味方』

女性起業応援マガジン『女性の味方』

拒食症になりかけたから自分に優しいダイエット始めました

ダイエット

太りやすい体質、28歳で13号ゴム入りしか着られない

未熟児で生まれましたが、あれよあれよと太りやすい体質です。
オシャレを気にする年齢で始めたダイエット・・・25歳で妊娠、出産、授乳期が終わり、最終的に身長153cmで13号ゴム入りのスカートしか着られない。産後3年を経過しても元には戻らない。 これ以上太れない。
28歳、ここから30年のダイエットの歴史が始まります。

食べてはいけない呪縛で拒食症一歩手前

今ほど「ダイエット」の情報がない時代「ダイエット=食べない」しか思いつかず、「食べてはいけない」呪縛に食べることを避け続けて6ヶ月、ついには食べ物を見ただけで吐き気がするほど。
体重は落ちても肌はボロボロ…30歳前にも関わらず、縦シワ、横シワが目立ち、張りはなくなり、ついには「生きる気力」すらなくなりました。
「このままでは子育てができない」もし、娘が居なかったらどんな結果が待っていたのかと思うと恐怖でしかありません。

ダイエットの初めは図書館から

間違ったダイエットを改めるために、図書館へ。人体図鑑と身体の仕組みと構造がわかる書籍とカロリー計算の書籍を読む。
今では外食のメニューやコンビニの食品にカロリー表示を見かけますが、30年前は、カロリーを気にして食事をすることは考えられない時代でした。
インターネットがあれば全てを瞬時に検索できる今は本当に便利な世の中です。

太る原因は、摂取カロリーと消費カロリーのバランス。
それまでの高カロリーな食事を見直すか?運動で消費するか?運動が小さなころから苦手な私の選択肢は1つ「食事の見直し」

ダイエットはゲーム

主な食品と料理のカロリーを覚えた。
「つもりカロリー貯金」
例えば、食べたい料理と食べた料理のカロリー差を貯金に例えて貯める。1週間、1ヶ月で溜まった数値をまるでゲームのようにダイエットを楽しむ。
これは本当の貯金と同じで数字の結果が目標となり、その数字は、体型の数字(体重)にも表れます。

無理せず、囚われず、 自分に合う方法を見つけて「楽しむ」ここから私のダイエットは30年、継続しています。

一覧へ戻る

Category